iPhone XとiPhone SE、2018年秋で販売終了?アナリスト予測

Appleは、2018年秋に発売する新型iPhoneに集中するため、この秋でiPhone XとiPhone SEの販売を終了する、との予測が発表されました。iPhone SEの代わりは継続販売されるiPhone8が担う、と見込まれています。

2018年秋のiPhoneに需要集中?

Appleは2018年秋モデルのiPhoneに需要が集中すると見越して、これまでにない生産体制をとる、とする投資家向けメモをBlueFin Researchのアナリスト、ジョン・ドノバン氏とスティーブ・ミュラーヌ氏が公開しました。両氏は、2018年秋に発売されるのは有機EL(OLED)ディスプレイ搭載の「iPhone11」「iPhone11 Plus」と液晶ディスプレイの「iPhone9」の計3モデルと考えています。ここ数年間、iPhoneシリーズが前年モデルと同様の外観であり、デザインを刷新したiPhone Xが高価だったこともあり、ユーザーの買い替え需要が蓄えられているので2018年秋のiPhoneは売れる、というのが両氏の見立てです。

iPhone8がiPhone SEの代わりに?

2018年秋のiPhoneのうち、「iPhone11 Plus」はiPhone Xの画面を小さいと感じていたユーザーの需要に応え、「iPhone9」は価格に敏感な層向け、そして継続販売されるiPhone8がiPhone SEに代わって低価格モデルの位置につく、と予測しています。


関連記事:6.1インチ液晶搭載「iPhone9」の新たなコンセプトデザイン

     2018年秋の一番人気は「iPhone X Plus」か、Appleの発注数から判明

     シュプリーム アイフォンXプラスケース 強化ガラス アイフォン8保護カバー レッド ブラック iPhone6s/6 plus スマホケース

商品のレビュー

0コメント数

コメントがありません

iPhone8/iPhoneX News

最新記事