iPhone SE 2のノッチはどうなる?

iPhone Xより登場したノッチ(切り欠き部分)ですが、この特徴はiPhone SE 2にも引き継がれるのでしょうか。引き継がれるとしたら、どのような形状を採るのでしょうか。

どのようなノッチデザインになるのか

ニュースサイトSLASH GEARが公開したノッチ画像は2種類あります。1つは先日公開されたレンダリング画像と似たノッチデザイン、そしてもう1つはiPhone Xをベースとしたデザインです。

まずは、1つ目のノッチデザインです。ディスプレイが4インチであるためか、現行のiPhone Xよりすっきりとしており、ディスプレイ領域がギリギリまで確保されているのが特徴です。なお、このデザインはリーク情報で知られるベンジャミン・ジェスキン氏が以前公開したレンダリング画像と似ています。

2つ目は、iPhone Xと同じノッチデザインです。最近iPhone SE 2のものとして出回っているリーク画像の多くは、このデザインを採っていることから、iPhone Xと同様のフルスクリーンが採用されるとするならば、こちらの可能性が高そうです。

iPhone Xとは扱いが違う?

しかし、一部には「そもそもノッチが採用されないのではないか」という見方も存在します。

iPhone SE 2は初代がそうであるように、新興国を視野に入れた廉価版iPhoneという位置づけであり、最新機能を心置きなく搭載するようなモデルではない、というのが理由です。

事実、ニュースサイトAppleInsiderは「現行のiPhone SEのデザインを大幅に刷新し、顔認証に使うTrueDepthカメラとフルスクリーンデザインを採用するのは、廉価版では考えにくい」と述べているほか、リーク情報に詳しいベンジャミン・ゲスキン氏も「現行iPhone SEと同じ外観デザインとディスプレイを採用」と述べています。


関連記事:6.5インチiPhone X PlusはiPhone8 Plusと同サイズ?

     7月以降、アプリ更新時もiPhone Xのディスプレイサイズ対応が必須に

     シュプリーム ペット服 犬の服 Tシャツ 中型 小型犬 お出掛け お散歩 ブラック ホワイト グレー ドッグウエア ファッション 人気

     CHAMPION 犬服 ペット服 春夏秋服 いぬ Tシャツ かわいい ファッション おしゃれ 小型犬 中型犬 散歩 お出かけ 室内

商品のレビュー

0コメント数

コメントがありません

最新記事