6.1インチ液晶搭載「iPhone9」の新たなコンセプトデザイン

この秋発売されると噂される6.1インチ液晶モデルの「iPhone9」を描いたコンセプト画像が公開されました。iPhone Xとのサイズを比較できます。


外寸はiPhone Xよりもひと回り大きく

2018年秋のiPhoneは、有機EL(OLED)を搭載したiPhone Xの後継モデル、大型化した「iPhone X Plus」と、液晶ディスプレイ搭載で低価格モデルに位置付けられる「iPhone9」になると予測されています。
 
デザイナーのヨナス・ダナート氏が、「iPhone9」をiPhone Xと並べたコンセプト画像を公開しました。


本体の外寸は、6月初めにロシアの情報サイトが150.91 ✕ 75.72 ✕ 8.32mmになると報じており、iPhone Xの143.6 ✕ 70.9 ✕ 7.7mmよりもひと回り大きくなります。

ダナート氏のコンセプト画像では、「iPhone9」もiPhone Xと同様、画面周囲の縁が薄いデザインとなっていますが、バックライトが必要な液晶ディスプレイの性質上、画面下部のベゼルはもう少し厚くなるのではないか、と米メディアCult of Macが指摘しています。


関連記事:2018年秋の一番人気は「iPhone X Plus」か、Appleの発注数から判明

     6.5インチiPhone X PlusはiPhone8 Plusと同サイズ?

     シュプリーム iPhoneXplusケース ストラップ SUPREME アイフォン8/7プラスカバー レザー iPhone7/6sケース

商品のレビュー

0コメント数

コメントがありません

最新記事