2018年秋の一番人気は「iPhone X Plus」か、Appleの発注数から判明

Appleは、今年秋発売の3モデルのiPhoneのうち、6.5インチの大画面モデル「iPhone X Plus」用の有機EL(OLED)ディスプレイパネルを最も多く発注した、と報じられています。

Appleからのディスプレイパネル発注数が判明か

2018年秋に発売されるiPhoneは、5.8インチOLED搭載のiPhone X後継モデル、6.5インチの大画面OLED搭載の「iPhone X Plus」、そして6.1インチ液晶モデルの3機種になると予測されています。Appleが、OLEDディスプレイパネルを独占供給しているSamsung Displayに、合計7,000万台分のOLEDパネルを発注した、とディスプレイ業界関係者からの情報として韓国メディアThe Bellが報じています。

The Bellによると、Appleによる発注の内容は以下のとおりで、「iPhone X Plus」用パネルが最も多くなっています。


 ・iPhone X Plus用の6.46インチのOLEDパネル:4,500万台分
・iPhone X後継モデル用の5.8インチOLEDパネル:2,500万台分
・6.04インチモデルの液晶パネル:3,000万台分


ただし、これらの数字は初期発注数であり、その後の発注数は販売状況に応じて変更されるのが通例です。

関連記事:

米国でのiPhone売上、スマホ総売上減にも関わらず16%増

6.5インチiPhone X PlusはiPhone8 Plusと同サイズ?

シュプリーム 花柄 galaxy s9ケース リング付き GALAXY S9PLUSケース SUPREME ギャラクシーケース エンボス加工 フルカバー


商品のレビュー

0コメント数

コメントがありません

iPhone8/iPhoneX News

最新記事