米国でのiPhone売上、スマホ総売上減にも関わらず16%増

2018年第1四半期(1−3月)のアメリカにおけるスマートフォン売上は前年同期比で11%減少したものの、AppleのiPhoneの売上は16%増加していたことがわかりました。


四半期売上が4,000万台を下回る

調査会社Counterpointの調べによれば、第1四半期のアメリカにおけるスマートフォン売上台数は3,870万台でした。これは2017年第1四半期の4,370万台と比べると11%減を意味します。四半期売上が4,000万台を下回ったのは3年ぶりとのことです。


アメリカのスマートフォン売上そのものは減少したにも関わらず、Appleは第1四半期としては過去最高となる1,600万台のiPhoneを売り上げ、対前年同期比で16%増を記録しました。これによりAppleの米スマートフォン市場におけるシェアは42%に達し、2位のSamsungの2倍近くとなっています。


800ドル以上の価格帯ではiPhoneが80%のシェア

Counterpointによると、同社が「スーパープレミアム」と呼ぶ800ドル以上の価格帯では、iPhoneが80%以上のシェアを獲得しています。これを米スマホ売上全体から見ると20%となります。


なお第1四半期におけるスーパープレミアム・スマホの売上は、米スマホ売上全体の28%を占め、2017年第4四半期からそのシェアは3%拡大しています。

またCounterpointが発表した第1四半期の売上トップ10モデルのランキングでは、上位5位までをiPhoneが独占する結果となりました。首位はiPhone XではなくiPhone8となっています。


関連記事:中国での企業評価ランキング、Appleは12位に

     6.5インチiPhone X PlusはiPhone8 Plusと同サイズ?

     グッチ iPhoneX 強化ガラス製 アイフォンテンケース GUCCI アイフォン8 8プラスケース ウェビングライン iPhone7/7plus ブランドケース

     オフホワイト iphone8ケース iphone7 ケース ペア OFF WHITE iphone7PLUSケース ストラップ付き iphone6s plusケース ブランド 黒&白

商品のレビュー

0コメント数

コメントがありません

iPhone8/iPhoneX News

最新記事