中国サプライヤーもiPhoneのOLEDディスプレイ供給を開始?

現在iPhone Xの有機EL(OLED)ディスプレイパネルは、韓国のSamsungが独占的に供給していますが、AppleにLCDパネルを供給しているBOE Technology Groupが、OLEDディスプレイパネルサプライヤーの仲間入りを目指していることが明らかになりました。

iPhoneのOLEDディスプレイ供給はさらに多様化?

中国・北京市によって運営されるBOEは、iPadやMacBookのLCDパネルを供給しており、AppleのLCDサプライヤーとしては最大の企業となっています。
 
ウォール・ストリート・ジャーナルによれば、BOEは未来のiPhoneモデル用のOLEDディスプレイパネルの供給を模索しているとのことです:"もし成功すれば、BOEは技術的に難易度の高い製品を生産できることを証明できるだけでなく、最新ディスプレイパネル生産の競争において、中国が韓国や日本に追いつくことができるだろう。北京市によって運営され、大株主が国営企業のBOEからディスプレイパネルを購入することにより、Appleは中国から好意を持たれ続けるだろう。BOEがAppleの高い品質基準をクリアすることができればだが。"


しかしながら、OLEDディスプレイパネルの生産はLCDパネルよりも難しく、OLEDパイオニアのSamsungでさえも歩留まりの低さ(不良品の多さ)に苦しんだといわれています。AppleはOLEDディスプレイサプライヤーの多様化をすでに試みており、韓国のLG Displayが今秋発売のiPhone用に300〜500万枚のOLEDディスプレイパネルを供給すると報じられています。


関連記事:iPhone XとiPhone SE、2018年秋で販売終了?アナリスト予測

     6.1インチ液晶搭載「iPhone9」の新たなコンセプトデザイン

     2018年秋の一番人気は「iPhone X Plus」か、Appleの発注数から判明

     グッチ iPhone9カバー かっこいい iphone10ケース GUCCI アイフォン6s 保護カバー iphoneX/8/7 plusケース GUCCI アイフォン6s 保護カバー

商品のレビュー

0コメント数

コメントがありません

その他

最新記事